FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれからね 色んなことがたくさん 起こってさ

時間ない…激しく散文\(^o^)/!

あれから2年ですね。
毎年きもい文章長々と書くのもどうかと思うので、手短にいきたい…と思ったけどむりかも/(^o^)\

STAR聞いたときと、あとライブ行って思ったことを書きます。(MC…ごめ)

ライブ、良かったですね。
パレードの時の一体感が今も心に残っています。

センターが空いてたりしたら、
ライブ中のトランス状態で志村の幻覚が見えたりするんじゃないだろうかなんて思ったりしましたが
そんなことはありませんでした\(^o^)/

またライブやってくれることになったら、絶対行くよ!




アルバムのSTARを初めて聞いたとき、
あぁ、フジファブリックはフジファブリックになったんだなって思いました。

ていうのも、いつかはこうなるんじゃないかなって思ってたんです。
志村作詞作曲の曲ばかりじゃなくて、
他のメンバーが作った曲もリリースされていくようになるんだろうな、と。
特にクロニクル以降。
クロニクルで志村の想いは色々出し切って、
そっからまた今までみたいに新たなフジファブリックになっていくんだろうな、
そしてそれは、さっき言ったように、
他メンバーの曲も少しずつ混ざっていくような形になるんじゃないかな、と。
なんでそう思ったかっていうと、具体的に挙げられるものはないんですが、
インタビューとか読んでてそう思ってました、

志村存命時からあった水飴と綿飴も、星降る夜になったらも熊の惑星も
普通にフジファブリックの曲として違和感なく存在してるし。
加藤さん曲のメルヘンな感じが好きですw熊の惑星の時から思ってたけどw
アンダルシアの謎ぷりがたまらんw


…それでも、フジファブリック=志村みたいな雰囲気があった中、
他3人が志村がいない状態で作る曲はどんな曲になるんだろうか、
フジファブリック「ぽい」曲にしかならないんじゃないだろうか、
そういう不安はありました。
その不安も曲のSTARを聞いたときに崩壊したんですけどね!(過去記事参照
音人にほぼ同じような内容の記事を見かけたときちょっと嬉しかったり。


アルバムのSTARのほかの曲も、総くん曲もダイちゃん曲も加藤さん曲もそれぞれ個性があって本当にすごくすごく素敵でした。




だからこそ、この先、新たな「志村曲」を聞くことはできないっていう事実をイヤってほど実感したりなんかして。





あっちでいっぱい曲作ってるかな?
聞きたいなー
他3人の曲聞いてどう思ってるかな
ライブ見てどう思ってるかな
総くんのイケメンぶりにギギギってなってないかな
すげーなって思ってるかな
俺いなくてもいいじゃんなんて思ってないかな


そんなことないからね!!!!


ああもう、なんて言ったらいいんだろうね。
先日の現体制でのライブはすごく良かったよ!
でもそれはさー志村がいなくてもいいってわけじゃなくてさー
だからといって志村がいないとダメだってわけでもなくてさー

うーん…
配られたカードで勝負するしかないのさってことかな?




ライブの話に戻りますけども。
MCも演奏も、ライブパフォーマンスが本当に素晴らしくて。

某掲示板だったかな?
志村がメンバーを何度も入れ替えて、最後に残った3人なんだから
絶対にすごい奴らなんだみたいなレスを見ました。
激しく同意すぎる…!w

フジファブリックと出会って私は、音楽というものを理解することができたように思います。
音を楽しむって意味でね。

そして音を楽しんでるメンバーを見て、こっちも楽しくなって。



対志村への想いはこれまで散々語ったし気持ちは今でも変わらない。
今もうこの世にいない事実は事実として受け止めてます。
(ぶっちゃけ死因とかもうわかんなくてもいいやって思ったりして…
わかったからって帰ってくるわけでもないし。
自殺じゃなければもうなんでも…寝ゲロ説が有力みたいですけどね)

志村曲が聞けない寂しさを抱えつつ。
たくさんのこれからを待っていることにしたいと思います。
さらにその上で、ヨーイの合図で踏みしめたりなんかもしたいと思います。


…とりあえず、山梨行きたい!!!!
志村正彦展ってなんぞ!
スポンサーサイト

フジファブリック「STAR」聞きました

まさか…
まさかうっかり泣いてしまうとはwwww

アルバムリリース&ツアー発表でかなりテンション上げてたんですが
昨日までちょっとやることあって(つどーむで…w)、新曲フルで聴けずにいたので
今ついさっき聴きました。

聞き始めて数秒で、

フジファブリックだ!!

「フジファブリック」の新曲だ!!!


そう思って、そう思ったらもう涙がボロボロこぼれてきて止まりませんでした(ほんとに泣いた)。

パケホじゃないので着うたDLしてなかったし、公式でサビだけ聞いても
なんかあんまりよくわかんなかったので、
ちゃんと聞いたのはこれが初めてでした。

いや「STAR」は当然フジの新曲なんですけどね。

私の中で不安がやっぱりあったんだと思います。
どんな曲であっても3人が作る曲は聞くと決めてたけど、
志村が生きていたときのような、
聞いてるだけで、ドキドキしてワクワクして目の前に鮮やかな曲の世界観が広がっていくような
すっげー曲はもしかしたらもう生まれないんじゃないか、
曲を出したとしても、「フジファブリックぽい歌」にしかならないんじゃないだろうかっていう不安が。

でも、でもあれだ!
そんなこと思っててすみませんってジャンピング土下座しないといけない。

これはまちがいなくフジファブリックの曲です。

そして、新しいフジファブリックの始まりを感じました。

歌いだすのをちょっとためらうような雰囲気の長い前奏。
志村にちょっと似せたような感じの総くんの声。
鮮やかなキーボードに落ち着いたベースの音。
そんで、ちょっと話題になってた例のCメロ。

>こんなに近いのに
>遠くもあるのだな
>君の声がこだましてる
>頭の中から離れないよ
>巡る思いはおいといて
>さぁ行きますか

なんだろ…本当にこれ以上つけ加えようのないくらいの歌詞だよね。

長い前奏はいろんな思いが巡ってるのを表現したかったのかな。
最初は歌詞も少なくて、でもだんだんと普通に歌い始めて、
巡る思いはいろいろあるけど、
でも、行くしかないと決意した!みたいな感じ。

この曲、志村が聞いたらどう思うかな。
いい曲だな、って思うと思う。
やっぱこの3人すごいな、って思うんじゃないかと思う。


そして、聴いてて、もしかしたらこの先、
昔フジファブリックって別のボーカルがいて、その人が作詞作曲やってたんだけど
亡くなっちゃって今の体制になったらしいよ、
なんて言われたりする日がくることもあるのかもしれない、と思った。

でも志村がいなければフジファブリックという存在はなかったわけで、
なんていうか、なんていうかもう…残ってるよね。
みんなの心の中に志村は生きているのです的な感じだよね。

志村が遺したのはリリースした曲だけじゃない。
フジファブリックっていう、すごくドキドキしてワクワクして楽しくなれるようなバンドを遺してくれた。
そしてダイちゃん、総くん、加藤さん(もちろん、他のスタッフさんとかもそうなんだけど)が
フジファブリックをフジファブリックという形でこの先も続けようとしている。
それがすごくすごくすごく嬉しい。


ライブチケもう赤富士先行で確保済みだけど、ますます楽しみになってきました。


ライブで自分泣いちゃうんじゃないかと思ったけど、
曲を楽しみたいから、がんばってなるべく自重しようw


STAR(初回生産限定盤)(DVD付)
フジファブリック
SMAR (2011-09-21)
売り上げランキング: 124



こそーり→ニコニコ

あれから1年が経ちました。

タイトルは違いますが実質「ありがとう、さようなら、志村正彦。 2」ですね。

関連:
フジファブリック志村について
ありがとう、さようなら、志村正彦。 1
(今読み返すのもちょっと照れるのですが…)


そんなわけで、1年です。


1年前の25日、志村の訃報を知ったのは某掲示板のスレタイでした(それもどうかと)。
釣りにしては、中途半端な人選過ぎる(ごめん…)。
中途半端な人選なのに、レスが伸びすぎている。
まさか、まさか…と思って読み進めて、事実であることを認識しました。

あれから1年。
未だに彼の死にまつわる話を見聞きするとどきっとします。
一番そう思ったのは、「墓参りしてきたと言うファンがいる」という話を聞いたとき。
亡くなったんだから墓があるのは当然なんですが。
亡くなったのはわかってるはずなんですが。
(でもお墓参り私もいつか行きたいなあ…)


去年、JスポのWBCのテーマソングで「Sugar!!」が使われました。
それが好評だったということで(?)今年のJスポ野球中継テーマソングにもなりました。

毎年色んなアーティストの曲が使われてますが(去年はキャプスト。あれもなんだかんだで好き)
「来年もこれでいってほしい」「いい曲」という評価を今年よく見かけました。
ニコニコでも、今までJスポテーマソング使ったMADは(確認できる限りは)なかったのに
Sugar!!を使ったMADは12球団verからロッテ西武楽天verと色々作られてます。
(最強はJスポが作ったやつ…あれはサイトとかで常に見られるようにしておくべき)

また、よく曲が流れると母親が「全力で走れ?」を一緒に口ずさんでいました。

そしてモテキの「夜明けのBEAT」。
毎回某掲示板実況見ながら見てた(規制されてたから自分は書けなかったけど)
曲が流れると毎回AA盛り上がってるのを見て、参加したくてたまりませんでした。


そういうのを見てると、すごく、すごく残念な気持ちになります。
フジファブリックの曲はこんなにもすばらしいのに!
まだまだ多くの人に感動を与えることができたはずなのに!



これからも色んな曲をリリースしていって、
今まで知らなかった人も、その中のどこかでフジファブリックの存在を知って、
ファンになって、普通に曲聞いたり、ライブ行ったり、
「新曲いいよね!」ってファンの間で語り合える、そんなふうになるはずだったのに。

志村日記を読むと、色々と辛いこともあったようなのですが、
いい曲を作りたい、皆に聞いてもらいたいって気持ちはずっと心にあったと思います。
それをこれからも聞きたかった。

亡くなったことで、色々な辛いこと、苦しみから解放されたであろうに、
それでも聞きたかったなんていうのはお前ひでー奴だな、と思うこともありますが、
志村なら、辛苦から解放されることよりも、曲を作る方を選んだんじゃないかな…とも思います。
…たぶん、だからこそ、今この世にいないんじゃないかって気もするんですけど。

今も死因はわからないままですが、自殺説は信じていません。

MUSICは当然買って聞きました。
総くんのボーカルは上手くてさわやかでしたが、
下手でもいいから志村の見かけによらない低い声の方が好きだったり

亡くなってもなお、CHRONICLEは「何か違うな…」ってあんまり聞いてなかったり

亡くなったからといって神格化はしたくない、そう思ってきました。
CHRONICLEが最後のメッセージだったんかじゃないかとか、
札幌でやってくれた赤黄色、Wアンコールは最後の灯火だったんじゃないかとか、思いたくないです。


期待はずれなほど感傷的にはなりきれず、
目を閉じるたびにあの日、最後に行ったライブのアンコールの赤黄色の金木犀は消えていく。


ていうか、実際曲やってるときのことは生前の時点からあんまり覚えてないですけどw
アンコールじゃなくて本番も普通に素晴らしくて、物販紹介に笑って、
ああこれからもフジには一生ついていくよ!!って思った矢先、赤黄色、そして「普段はやらないんですけど」のWアンコール。

曲そのものよりも、あの場所での楽しさ、嬉しさばかりが今も心の中に残っています。

それをその場にいた人たちと分かち合えたことが何よりも嬉しかった。
フジのライブは最初以外全部一人参加でしたが、
何度も通ってたし、さらには雰囲気もだったし寂しいという気持ちは全然ありませんでした。
むしろ「ああみんな久しぶり!また楽しもうね!」みたいな気持ちで整列してたし(きもい)。

もっとフジのメンバーと、フジが好きなファン達と、あの場を共有してたかった。


ダイちゃん、総くん、加藤さんの3人で曲を作って、
総くんとかがボーカルをやるようになっても私は普通に聞き続けるし、
ライブにも行くし、スペシャとか出たら見ると思います。
でも、ライブもアットホームで楽しい雰囲気に変わりはないだろうけど、そこに志村はいないというのは、寂しい。
そういう点では、あの楽しさをみんなで感じることができないのかと思うと、どうしてもぎゅーっとした気持ちになります。


だけど、
今日はクリスマスで、帰りにケーキを買いました。
人がめちゃくちゃ多くて、カップルはいつも以上にいちゃいちゃしていて、
コンビニの前ではトナカイが客寄せをしていました。

そんな12月24日が命日なんて、なんとロックなことか。

志村はロックさを事あるごとに求めてた節があるので、彼にしてはよかったんじゃないでしょうか。
できるなら、何十年後かの12月24日であってほしかったけれども。

これからもずっと、ツリーとかトナカイを見たら、志村のことを思い出すんだと思います。
そうじゃなくてもずっと想ってますけど!w



これからもずっと曲は聴くし、
その曲を聞いてこれからファンになる人もいると思う。
そういう人たちともいつか仲良くなって、フジファブリックいいよね!って語り合いたいと思う。

志村の残したものは、この世に確かに存在している。


だから、
ありがとう。さよならじゃなくて、これからもよろしく。





フジQグッズ、通販で買ったけど、どんぶりまだ使ってないです。
富士吉田うどん食べるために買ったんだから!w

ありがとう、さようなら、志村正彦。 1

※限りなく自己満文章です

----
訃報以来ずっと泣くことも笑うこともできずにいました。
ただ信じたくなかったので、死を悼むこともしていなかった。

12月28日、出棺だというので
某掲示板の流れに身を任せて12時に山梨の方向を向いて黙祷をし、
13時に出棺だというので(実際は13時35分だったそうですが)、もう一度黙祷をしました。

志村の死後初めて、
「志村が生きていればするはずのなかった行動」をしました。

その後、なぜか少しすっきり気分になったので
声を出すリハビリがてら(声をほとんど出せずにいた)、
CDをかけてフジの歌を歌ってみました。

最初にかけたアラモルト(レンタルなんですけどね)。
茜色の夕日、花屋の娘…

3曲目の線香花火のところで、こらえきれず声をあげて泣いてしまいました…

志村がもうこの世に「いない」というのが、
たまらなく辛くて、悲しくて、寂しくて、悔しくて…それら単独でもない、混ぜ合わさった感情でもない、
言葉じゃ言い表せない感情があふれまくりました。

泣けたところで、完全に志村の死を実感したわけでもなく、
とりあえず適度に元気が出たというところに落ち着きました。
実感は今はまだできなくてもいい、ゆっくりしていけばいいかなと。

まあその後陽炎と赤黄色とCDJの民生さんレポを読んでまた泣いた(民生さんを泣かせるなよ志村!)。
これを書いているのは31日だけども、今も時々涙が出そうになるときがあるんですが、
そして普通に笑うことはできても、バカみたいに笑うといったことはまだできていない。

ファイターズ特番とか見たり聴いたりして(FFFFFSPを完全に見逃した)、
いつもなら「ああ早く試合を見にいって応援したい!!」って思うところなんですが、
そういう気力もあまり湧きません。
立ち直るのはもう少し先になりそうですね。

----
ところどころで「お葬式に行った一般ファンがいる」という話を聞きました。
追い返されたりすることもなく、普通に参加することができたみたいですね。
ちょっとうらやまし…いやいやいや(汗)
本来なら行くべきではないし…
行けるからといって、ファンが大挙で押しかけたらそれはそれで大変ですもんね。

でも、なんというかこれでもう何もないままお別れというのは辛すぎる。
志村以外の3人は音楽活動は続けていくとのことだけども、
ファンに向けてのお別れ会みたいなものって開かれたりするんでしょうか。
7月の富士急がそうなるのではないかという話もありますが、
行けないしorz

----
訃報後すぐ、気が動転して
「今は分別つく歳だからいいけど、自分未成年だったら後追いしてたかも」
なんてmixiに書いてしまっていたりしました。
自分未成年のときまだフジファブリック知らなかったんですけどねw

そんなせいか友人にも「はやまるなよ!」なんて心配されてしまいましたw

冷静に考えたら、後追いしたところで志村に会えるはずもなく、
よしんば会えたとしても、
志村は「ブスな女と綺麗な顔の男ならどっちがいいか」という問いに速攻で男と答えるような奴です。
私など相手にされないことは明白なので、
美醜が関係なくなるような年齢まで待ってから志村の元に向かいたいと思います。

多分あっちでも、曲をいっぱい作ってることでしょう。
数十年後に聞きに行きますよ、ええ。

----
今回の志村の死について、
mixi、サイト、SNS、某掲示板…色んなところで多からず少なからず語ってきたんですが、
一言だけ言ってない言葉があります。

何度も言おうと思いましたが、やっぱりどこかで信じたくない気持ちがあって、ためらっていました。
生きていれば言う必要の無い言葉です。
でもやっぱ、言っておかなければいけないのかなとも思うので。
じゃないと夢枕にも立ってくれないんじゃないかなーとも思うんで(笑)。




…ご冥福をお祈りいたします。




その2「私とフジファブリックとの出会い」編に続く(笑)←これから書きます

Syrup16gが解散してから1年が経ちました

本当は1日に書くつもりだったけど色々あってすっかり忘れてたぜイェーイ\(^o^)/

以下特に役に立つことのないひとりごと。

そんなわけで、1年ですよ。
あの日からいろんなことがありました。

久しぶりにその解散ライブの感想を読み返してみました。
痛かった\(^o^)/
まあ…仕方ないですよw

一応
解散知ったときの
Syrup16g解散…!解散…かいさん…!?
ライブ後感想
ライブ感想:Syrup16g?”LIVE FOREVER”The last waltz of Syrup16g(080301@日本武道館)

以下の内容も負けず劣らず痛いよ\(^o^)/

あの時はグッズ買えなかったけど、
通販でタオルとパーカーと変態Tシャツ買ったんだよね。
パーカー普通に着てるよ。

昨日の北海道はまだまだ雪が降ったり積もったりしてて、
昨年の東京の3月1日とは似ても似つかない雰囲気でした。
てか最近天気悪すぎw
普通は雪祭りの後から雪が融けだして、今頃はべちゃべちゃな雪ばっかりなのに。


でも、08年3月1日の東京の空気は、一生忘れないと思う。


ちょっと曇り空で、でも雪とか全然積もってなくて、肌寒くもあったけど、道民の私にしたら暖かかった。
解散知ったときの方の記事で、
>雲の多いけど日差しはうっすら見える昼間のようなバンドでした。
>ほんのり暖かかった。

なんて書いたんですけど。
まさしくそんな感じの天気でした。

>どういう気持ちで解散を決めたんだろう。
>雑誌とかで語ってくれるかな…

先月に引越しをしたんですけども、その際に出てきた当時の音楽と人とJAPANを読み返しました。
語ってる内容が、自分の今の境遇と重なってうっかり色々考えてしまったw
五十嵐にとってシロップは青春で、それを終わらせたと。
改めてそれを呼んで、終わらせるって決めれたのがすげーなーと。
今の私は終わらせたくないって、もっと何かできるはずだって、色々と諦める覚悟がない状態です。

というのも、まだまだ青春しきれてなかったからだったりするんですよね。
>シロップはいろんな人にいろんな影響を与えて解散という終わりを迎えようとしてるのに、自分はシロップを聴いてる間何一つ成長してない。今なんか後悔してます。なんだこの感情は。謎だ…

今ならその感情が、うまく説明できないけど、なんとなくわかる気がします。


昨年の解散ライブから、それまでただ生きてただけの自分の身に、いろんなことが起こりました。


mixiとか、どっかに書いたかもしれないけど。
野球好きの知り合いが増えた。
仕事やめたww
いろんなことに挑戦しようという意欲が出てきた。
というのも、もっと早くシロップを知っていたらっていう後悔から。
今、私の知らない何かが、絶頂期を迎えてるかもしれないじゃないか。
(ムラマサ☆の解散ツアーに行こうかどうしようか考えてるw考えるなよという話ww)
今まで遠いからって、面倒くさいから、お金かかるからって行こうともしなかった冬コミに行った。
というのも、東京って案外簡単に行けるもんなんじゃーん、って、解散ライブに行ってわかったから。
野球の遠征とか行ってみたい。
そんな気持ちは前からあったけど、リアルな話として、お金があったら本気で行きたいと思うようになった。

そんな感じで、日常をただ普通に過ごすのをやめました。

その代わりの弊害として、
「青春を終わらせたくない、もっと何かできるはずだって色々と諦める覚悟がない状態」
になってるんですけどね。

あと、解散知ったときの記事で偽メンヘラ時代とか言ってますが、
偽メンヘラが復活してきたw
でも今年の引越し前、人生最大の鬱を乗り越えて、
偽メンヘラをまた封印できたようなできてないような感じでもあるんだけど(汗)

ま、それでも後悔はしてない…
偽メンヘラな自分も自分なんです。

とにかくですね、
あの日からいろんなことがありました。
いろんなことが変わりました。

それもひとえに、Syrup16gのおかげ。

彼らが今何してるのかよくわかんないけど(汗)
1年前と同じようにお礼を言いたい。




ありがとう。




せめて来年の3月1日には、もっと成長した姿を報告できたらいいなw

----
DVD、時間なくて通して全部見れてないんだよねw見るかw

----
追記:090303 11:40
http://www.inugahoeru.com/index.html
ふおおお!!
これは…!
プロフィール

玉露

Author:玉露
備忘録&ツイッター(140字)で書ききれないことを補完するためのブログ

題材
野球・日ハム・他北海道のスポーツチーム
バンプ・フジファブ・バクホン・9mmなども好きです
ライブ感想とか書いたりしてます

政治思想は右寄り
腐女子で喪女でコミュ障

インタビューズ
http://theinterviews.jp/gyokuro
twitter
https://twitter.com/#!/gyoku_RO
スカイプID para0330ro

拍手くださる方々いつもありがとうございます。
ライブ感想等は自分が忘れないようにというつもりで書いてますが、他の誰かのお役に立ててるようであれば幸いです。

新着
カテゴリ
月別
リンク
メルフォ

名前:
本文:

RSSフィード
色々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。