スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント感想:狸小路現金つかみどり(091212@狸小路4丁目)

気軽な気持ちで気の抜けた格好で行ったらサイン会の整理券貰っちゃったぜひゃっほーww
てかサイン会とかあるとか全然知らなくてびっくりだったよ。
ただつかみどり見にいったことないし多田野も菊地もイベントで見たことないので
ちょっと行ってみるかーという気持ちで行ったらびっくりだよ!!

ツーショット

以下起こすほどでもなさそうだけど文字起こし。
ボイレコ聞き取れない部分とか多くて一部省略したり記憶で補完したりしてるところあるので
違うところあったら突っ込んでください(;´∀`)

(多田野=、菊地=

司会「ようこそお越しくださいましたー。それでは、両選手に一言ずつお願いします」
多田野「みなさんこんにちは。ファイターズの多田野です。皆さんの応援のおかげで、優勝することができました。来シーズンも頑張りますので、札幌ドームに応援しに来てください。よろしくお願いします」
司会「ありがとうございます。菊地選手もお願いします」
菊地「みなさんおはようございます」

客「おはようございまーす!」(多田野のときはみんなノーリアクションだったのに(´・ω・`))

菊地「朝早くからありがとうございます。今日はちょっとお手伝いということで、皆さん、現金たくさん取って帰ってください。今日はよろしくお願いします」
司会「お願いしまーす。この後、お二人にもチャレンジしていただくんですが、予想でかまわないんですが、何枚くらいずつ取れると思いますか?」
多田野「…僕こういうイベントは初めてなので、一回やってみたかったんですよねー」
司会「枚数的にはどれくらい取れると思いますか?」
多田野「20枚か30枚くらいじゃないですかねー、はい」
司会「たぶんもっと取れるんじゃないかと思いますが?」
多田野「…いっぱい取りたいですよねー」

喋る前のこのタメは何なのかw

司会「菊地選手は何枚くらいいけそうでしょうか?」
菊地「そうですね…持って帰れる、ってなったら多分全部持って帰ると思うんですけど」
司会「全部、いけそうでしょうか?」
菊地「お金には目がないんでw」
司会「後ほどチャレンジしていただくんですが、チャレンジしていただくのは右手でよろしいでしょうか?」
多田野「…両手じゃだめなんですか?」
司会「一応片手しか入らないんで…」
多田野「そうですねじゃ右手で。はい」
司会「じゃあちょっと、右手を見せていただいてもよろしいですか?」

右手を見せる多田野。
感嘆する客。

菊地「これ…1回だけですか?」
司会「1回ですね。30秒で、何枚掴めるかということで」
菊地「(手を)抜いちゃだめなんですか?入れたら」
司会「はい」
菊地「入れたら、もう抜いちゃだめなんですか?もう1回入れたらもうだめなんですか?」

なぜそんなに確認するw

司会「ざるに何枚入るかですね。こぼれたのは数には入りませんので、こぼさないように頑張っていただきたいと思いますwそれでは、選手後ほどほよろしくお願いいたしまーす」

ここで一旦席に戻る。

----
多田野のつかみどりデモンストレーション。

多田野かなり上手いwwwwさくさく掴んでいくww
もうかなりの枚数取ってました。終わってざるに入れた後は、お札はもう数枚しか残ってなかったw
でもざるに乗せる前にちょっと落ちてしまったりしてました。

司会「すごいですね!?どうでした?」
多田野「やっぱりお金手にすると、目がくらんじゃいますねw」
狸小路のえらいひと「これはなかなかすごいですね。さすがです。80枚はあると思いますね」
司会「菊地選手いかがですか?」
菊地「やっぱりお金になると、必死というか、欲望がなんかもういやらしくて見てられなかったですw」

物欲にまみれた顔
偶然撮れた物欲にまみれたお顔

司会「菊地選手はどうでしょうか?これ以上いけそうですか?」
菊地「そうですねー…多田野さん上手かったっすねw指の捌き方とか」
司会「すごいですよね。初めて見ました。指を使って掴んでいくのがww」
えらいひと「でもこれ、残念ながら(ボイレコ聞き取れず…何だったっけ?)」
多田野「惜しかったですよねこれw」
司会「多田野選手からみなさんにコツとして何か言えることはありますか?」
多田野「そうですね。思ったより時間短いですから…手だけじゃなくて指使ってどんどん掴んでください」

----
実際のつかみどりは
一般の方が親子チーム・夫婦チーム・友人チーム(それぞれ2人ずつ)の3チームが争う方式。
最終的につかみどりができるのは1チームだけで、それを決めるために
まず6人全員がつかみどり(予選)をして、チームごとの合計枚数が多い順に1位?3位を決める。
最終的なつかみどり挑戦権を決めるのはくじ引きで、
その箱の中にそれぞれのチームカラーのボールが入ってるんだけど、
そのカラーボールの数が1位が多く、3位が少ない。
なので、最初に多く掴んでも最終的に挑戦できるとは限らない。

最初の予選では1位・夫婦チーム、2位・親子チーム、3位・友人チーム(結果はだいたい40枚前後)。

カラーボールを取るのは多田野。

謎のポーズ
なぜか服を脱いで(菊地に預けて)遠くを見つめる。力を溜めているのだろうか?

多田野「(箱に手を入れながら)恨まないでくださいねw」

そして取り出すと…多田野の手には…親子チームのカラーボールが!!
夫婦チーム…(´・ω・`)めっさいっぱい取ってたのに

司会「それでは親子チームに頑張っていただきたいと思います。菊地選手からも応援の一言を」
菊地「ぜひ、いっぱい取って…帰ってください。見てると結構…必死な姿を見て、自分がやったときに、うわーあんなんなるんかなと思って…ちょっと緊張しますけどw変な意味でw」

決勝戦(戦っていうか別に戦いはしないけど)は
親子チームのどちらか(今回は娘さんだった)が取った分と、菊地が取った分を足した分が
親子チームの取り分になる。
そして今回は、一気に両手で行うとのこと。
片手ならそっちだけに集中すればいいけど、両手だと逆にやりづらいところもあるそうです。

司会「ここからは、菊地選手にも両手でチャレンジしていただきます。両手で取っていただいて、その金額もお持ち帰りいただきますので」
菊地「僕がですか?w」
司会「いえいえいえww」
菊地「ああ違うんですかwぜひ頑張らしていただきますけども」
司会「さあ親子チームの年越しがどんな風になるかは菊地選手にかかってるというわけで」
菊地「結構プレッシャーっすね」
司会「もうチャレンジしていただいた多田野選手はかなり余裕があると思いますが」
多田野「もう責任何もないですからねー。見て楽しみますw」

責任から開放された姿
これ偶然の1枚じゃないですよ。本当安心したかのようにしてましたw

まず親子チームの娘さんがチャレンジして(けっこう取ってた)、その後菊地の番に。

菊地「僕ちょっと…練習してもいいですか?」
司会「(えらいひとに向かって)練習してもいいですか?」

えらいひとがちょっと難色を示すw

司会「じゃあ左手で…片手だけちょっと触っていただいて」

左手をちょっと入れて感触を確かめる菊地

菊地「うわーこれ現金の感触が…」

司会「ではここから菊地選手に頑張っていただきましょう。多田野選手からも一言?」
多田野「そうですねー…あの、たくさん取ってね、親子チームに持って帰ってもらってください」

菊地1

菊地2

菊地3
(すべて俺のものだったらいいのに…)←勝手にナレーション

終了した後、かなりの数掴んでいたのはいいけど、
それを自分の懐に入れようとしたり、掴んだ手を挙げたりして
そのときに何枚か落としてました。
親子チームカワイソスww

司会「さあ、どうでしょうか!?」
えらいひと「そうですね?…どうかな?でも右手はさすがに取ってますね」
司会「どうですか?両手だと難しいんですか?」
菊地「そうですね?…片手…両手だと、現金が逃げていくような…(ボイレコ聞き取れず)」
えらいひと「集中力も、分散させずに片方ずつきちっと出来てたと思います」

集計中…

司会「さあ菊地選手のを見ていて、多田野選手、いかがでしたでしょうか?」
多田野「片手ずつ集中してやってるんで、執着心あるなあと…顔もすごい真剣になってましたから、本当に大好きなんだな?と思いましたねw」
菊地「でも多田野さん片手であんなに取ってたんですよ。僕より凄いですよ」

そして結果!
親子チームの娘さん:74枚
菊地:68枚
合計:14万2千円(´д`)イイナー

きwwwwくwwwwちwwww

菊地「あまり現金には興味がないので(キリッ」

6枚差wwww
終わった後何枚か落としたのが響いたかな…
でも女性の手と野球選手の手で6枚差というのもww

表彰式も終わって最後

司会「お二人にもそれぞれチャレンジしていただきましたが、感想を」
多田野「6名の皆様、すごい執着心で、ものすごいエネルギーをもらいました。最後も娘さん、僕の色紙は落としても現金は落とさないですしwおめでとうございます」
菊地「おめでとうございます。やはり、現金は恐ろしい。恐ろしいですね。お金は。でも僕が見る限りでは、多田野さんが一番取ってたので、一番執着心の強いのは多田野さんだと思います」

司会「今日はお集まりいただきました皆さんにも一言ずつお願いします」
多田野「この寒い中、皆さん来ていただいてありがとうございました。この6名のほかにも、こんなにもお金に執着のある方が来てくださって…すごい嬉しいというか…来年も頑張りますので、ファイターズ応援よろしくお願いします。ありがとうございました」
菊地「皆さん寒い中ありがとうございます。今シーズンは日本一にはなれなかったんですけど、リーグ優勝、クライマックス制覇できました。皆さんの応援のおかげだと思っています。来年も、僕たちファイターズみんな頑張っていくので、暖かいご声援をお願いします。今日はありがとうございました」

この後、整理券もらった人へのサイン会へ…
書いてあるのを渡すのではなく、その場で書いて渡して握手して…
多田野も菊地も乙としか言いようがない(ノ∀`)
でも嬉しすぎてたまりませんでした!!
サイン会するとか全く知らないで行ったので…
雨だったけど行ってよかったです。

----
写真はポジションが悪かったようであまりいいのは撮れませんでした。
参加者の待機場所とか司会者の位置とかの関係でとにかく菊地がこっちを向いてくれないorz

目線いただきました
奇跡的に多田野がこっち向いてくれた写真

応援の声は菊地のほうがやっぱ多かったような…
「きくりーん!!」なんて黄色い声も飛んでいました。
多田野に関しては私の後ろにいた男性が「かっこいい…」と呟いていたのをよく覚えています(汗)

----
おまけ
狸小路のマスコット「だっこポン」。
なんというかわいらしさ!!
カメラ向けたらポーズとってくれたり、
そうじゃないときでも流れているLaLaLaFightersに合わせて踊ってたりしましたw

20091213004015772.jpg

前に並んでた人たちがはしゃいでいたので自分もはしゃいで手振ったりしましたが
冷静になって考えてみれば私は一人だったのである。
なんという\(^o^)/いくつだお前。恥ずかしいwwww

----
稲田江尻のも発寒の紺田小谷野のもまだ起こせていない\(^o^)/やっべー
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玉露

Author:玉露
備忘録&ツイッター(140字)で書ききれないことを補完するためのブログ

題材
野球・日ハム・他北海道のスポーツチーム
バンプ・フジファブ・バクホン・9mmなども好きです
ライブ感想とか書いたりしてます

政治思想は右寄り
腐女子で喪女でコミュ障

インタビューズ
http://theinterviews.jp/gyokuro
twitter
https://twitter.com/#!/gyoku_RO
スカイプID para0330ro

拍手くださる方々いつもありがとうございます。
ライブ感想等は自分が忘れないようにというつもりで書いてますが、他の誰かのお役に立ててるようであれば幸いです。

新着
カテゴリ
月別
リンク
メルフォ

名前:
本文:

RSSフィード
色々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。